塾通いで優秀な生徒|お受験戦争に勝つのはキミだ!

 女性

早めの準備を

子供

大学までの一貫校を受験する

大学までの一貫校を目指すということは大学受験を行うことがなくなるので、中学受験のために費用が多少かかっても目標とする大学の付属中学への合格実績の高いところを選ぶことが最善です。大学までの一貫校の特徴は入学後に受験勉強をする必要が無くなるのでクラブ活動に重点を置くことが出来るようになります。また、中学から大学まで10年間一緒に生活するので生涯の友人を作ることが出来ます。現にそういうケースが頻繁に見受けられます。

大学受験に実績のある中学を受験する

中学受験の選択として多くの受験生が挑戦するのが有名大学への合格者数のところを中学受験とすることです。将来何になろうかということを小学生の時に決めることは難しいので出来るだけ選択肢を広げることが出来るように有名大学への合格者数の多い中学を選ぶというわけです。この場合の多くは中高一貫校となります。最近は公立高校の中にも中学を併設して中高一貫教育をするようになってきているので当然こうした学校も今後は中学受験の対象校に入ってくることになります。こうした中学受験に挑戦する生徒はいずれ大学受験にも挑戦しなければならないので入学合格後も気を緩めることは出来ません。入学から6年間の計画的な対応が最終的に大学受験の成功に繋がります。